fc2ブログ

名古屋つれづれ・書

池下古川美へ

池下・しつこく(笑)古巣 元厚生年金会館後に建ったタワーマンション

美術館へ向かって歩いていくと、あっ今回の書家 石川九楊さんだっ!!と

すれ違った後ろ姿をスミマセン・が、撮らせていただきました。 

  後からお聞きしたら昼食にお出かけとか・

池下古川美へ2

本来なら、ワタクシよりこの日を楽しみにしてきた、書道歴数十年の友人

親戚にご不幸があってこられなくなりました。

池下古川美へ3

以前のブログに書いたのですが、実際、書をしたためられているお姿拝見できるのは

30人、キャンセル待ちも多くて、結局ライブ会場と中継のビデオルームで拝見

そこで開場を待っている間お話していた方は、はるばる埼玉から日帰りでお越しとか・


書展には、「徒然草」(1991)には、

まだ何も書かれていない空白は、同時にどのような世界をも出現させる。
可能性に充填された空黒でもある。書の表現とは、作者がその空黒に
小さな窓を開けてゆく行為です。そこには、いままで誰も開けたことの
なかった扉が隠れているかも知れません。 ・・書ー筆蝕の宇宙を読み解く

「カラマーゾフの兄弟」(1999)

社会の混沌と崩壊の予兆・亀裂を予感させる

・・などの言葉が添えられていました。


此処で書かれた署は、完成後、古川記念館に三双屏風(?)となって展示されるそうですが

 楽屋話・8月に3回行われたのですが、昨日の三回目で、やっと一枚完成した(笑)だそうです。


実際書かれていた書は

歎異抄説、般若心境説などで、書かれている教文はちょっとしか映し出されていしかなかった

ので?? 

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング参加しています。
励みとなります クリックお願いします。
フリーエリア
ランキング参加中、もう一つクリックで後押しお願いします。
リンク
プロフィール
日々是好日

tokoyo

Author:tokoyo
時には立ち止まって「?」、これでいいのかな?日々の?・!

※ブログに記載の写真・記事の転載はお断りします。

ブロとも一覧
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
455位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
生活デザイン
57位
サブジャンルランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ