名古屋つれづれ・春

百人一首春を詠む

♪梅~は 咲いたか~~桜は まだかいな~~

せっかち(笑)春の嵐が過ぎ去ったら、梅の次は桜・?

速すぎるのも今の時代に合わせ(笑)、次へと想いが行くのも

・けふここのへににほいぬるかな

 昭和の時代の悪ガキ(笑)

小学生のおふざけで使ったこの歌は、「へ」・「にほい」類似点を見出す(笑)

以前にもブログで書いた「からくれない」の言葉が入った百人一首は

落語でほとんどの人が知る歌の一つ、と、

日常生活にも何百年前の歌が寄り添って(笑)・いた。?

季節の変わり目も、冬から春は特に心浮き立つ

「新」のことばが飛び交う(笑)時期

だんご三兄弟の次男Y君は中学三年生、三男R君は中学一年生になる。

先輩がいるから心強い新一年生・といっても、そのまま小学・中学と上がるので

緊張といった意識もない(?)・・か。(笑)


祝 新人生・新社会人!!




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
ブログランキング参加しています。
励みとなります クリックお願いします。
フリーエリア
ランキング参加中、もう一つクリックで後押しお願いします。
リンク
プロフィール
日々是好日

tokoyo

Author:tokoyo
時には立ち止まって「?」、これでいいのかな?日々の?・!

※ブログに記載の写真・記事の転載はお断りします。

ブロとも一覧
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ