名古屋つれづれ・超

日本縄文時代の漆4

縄文草創期・前期 日本で漆を使った生活用品

九千年~七千年前のものと判明

そんな途方もない昔の暮らし、TV番組で見た漆の歴史

漆のことを「JAPAN]と言われる所以

日本縄文時代の漆3  日本縄文時代の漆5  日本縄文時代の漆2

正確な年代測定が出来るようになって、縄文人の豊かな生活ぶりが垣間見える。

日本縄文時代の漆

王妃マリー・アントワネットからも愛された日本の漆器。西欧の人々は陶磁器を「china」と呼ぶ一方で漆器を「japan」と呼んで親しんだ。今、漆を巡って、考古学、植物学などの新発見が相次いでいる。そこから解明される漆文化の姿とは?福井では最古の漆の木が発見され一万二千年前のものとわかった。また、京都の遺跡では漆器の意外な製法が明らかに。はるか縄文の昔から続く知られざる漆の物語を名品の数々と共にたどる・・NHK日曜美術館より HPより

偶然の発見で、漆を使うと強度を増し長持ちすると考えた縄文人に感服。

九百年ではなく、九千年前・!!!

壮大な歴史とちっぽけな人の一生。

ただただ「恐れ入ります。」 そして、「ありがとうございました。」

今の時代のもので何千年も残せるものって、果たしてあるのでしょうか。?





・気が遠く気を失ってタイムスリップ

 行って見たいな縄文の頃・・・By婆





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング参加しています。
励みとなります クリックお願いします。
フリーエリア
ランキング参加中、もう一つクリックで後押しお願いします。
リンク
プロフィール
日々是好日

tokoyo

Author:tokoyo
時には立ち止まって「?」、これでいいのかな?日々の?・!

※ブログに記載の写真・記事の転載はお断りします。

ブロとも一覧
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ