名古屋つれづれ・顧

和田金2

年末この時期になると食品売り場が一変し、普段は並べられていないような

大きいエビや牛肉の、それも五千円というパッケージで売られている・・が

昭和のお正月の定番の「すき焼き」で、真っ先に思い浮かぶのは

もう十数年前に友人たちと出かけて行った三重県松坂市の「和田金」

特上のお肉をお店の方が手際よく焼いていただけるので、ただ食べるのみ。(笑)

和田金3

和田金

和田金へ初めて食べに連れて行ってもらったのは、高度成長真っただ中の

ワタクシ花の乙女(笑)の頃、建設会社勤務で、しかも「社用族」という言葉も

闊歩していた時代。(笑)

最も、その頃の「和田金」は、お店(お肉販売)の横から木造建築で

板の廊下からお座敷へと、今のようなビルではありません。


因みにクラブやキャバレーなるところにも初めて連れられて行き、帰りには

タクシーチケットが頂けるという、殿様気分の・・接待。(?)

そんな時代を経て、自腹で(笑)友人たちと二度目に出かけた時の写真です。


その時ご一緒した友人お二人は既にこの世に居ません。

年末の牛肉を見て悲喜こもごも・。

お一人は、今日30日が命日。

丁度、娘一家がアメリカ赴任中で、年末年始の休暇を利用してアメリカ滞在中のこと

帰国したら訃報が待っていました。

今日は

友を偲んで・・。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング参加しています。
励みとなります クリックお願いします。
フリーエリア
ランキング参加中、もう一つクリックで後押しお願いします。
リンク
プロフィール
日々是好日

tokoyo

Author:tokoyo
時には立ち止まって「?」、これでいいのかな?日々の?・!

※ブログに記載の写真・記事の転載はお断りします。

ブロとも一覧
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ