名古屋つれづれ・古

緑地から見た御岳

空気が澄み渡った冬は遠くまで良く見渡せます。

緑地公園、展望台から見た御岳山は、雪の帽子を冠っています。

緑地から見た伊吹山?

左の方を見ると・・?、ちょっと雲がかかって見ずらいのですが、伊吹山。

そう

あの、古事記に書かれたヤマトタケル、白猪山(伊吹山)の山の神を

草薙の剣をミヤズヒメに預けたばかりに打ち取ることが出来なかったくだり。


 是の白猪に化れるは、その神の使いにあらむ。今殺さずとも・・と

 その神の正身なりしを、言挙したまへるに因りて、或(まと)はさえつるなり

氷雨を降らせて意識を混濁させられてしまいます。

これがもとで、鈴鹿の能煩野でヤマトタケルの命つきます。


つながりのある土地の、高台から(笑)古事記を辿ってみました。





・伊吹山降りて腰折れ三重になる

 地名の由来昔語りで・・・By婆




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング参加しています。
励みとなります クリックお願いします。
フリーエリア
ランキング参加中、もう一つクリックで後押しお願いします。
リンク
プロフィール
日々是好日

tokoyo

Author:tokoyo
時には立ち止まって「?」、これでいいのかな?日々の?・!

※ブログに記載の写真・記事の転載はお断りします。

ブロとも一覧
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ