名古屋つれづれ・謎

元宮

はてな・??のマークは至ってつきやすい(笑)好奇心旺盛な婆。

これは今年一月にだんご三兄弟の次男Y君、三男R君を、だましだまし(笑)

連れて行った(?)ミヤズヒメノミコト居宅跡 元宮、氷上姉子神社参道の

反対側から行きます。

元宮4
元宮5

その古事記の記述ヤマトタケルが東征を終えてミヤズヒメと再会し、結婚の運びとなるが

  ・・多分以前にもブログに書いていると思いますが・


ひさかたの天の香具山利鎌(とかま)にさ渡る鵠(くび)

弱細手弱腕を枕かむとは我はすれどさ寝むとは我は思へど

汝が着せる襲(おすい)の裾に月立ちにけり ・・タケル

 返歌

高光る日の御子やすみしし我が大君

あらたまの年が来経ればあらたまの月は来経往く

諾(うべ)な諾な君待ちがたに我が着せる襲の裾に月立たなむよ・・ミヤズ


  一説には昔月のものは子どもが授かる吉兆とも

だが

ヤマトタケルは、寝むとは我は思へど・  と、躊躇の言葉も残し

どうして

古事記にこの場面を残す必要性が(笑)、あったのかと・・。

今だ摩訶不思議、とハテナマークが付いたままなのです。





・人生はハテナマークのてんこ盛り

 それゆえかくも辿る道筋・・・By婆





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング参加しています。
励みとなります クリックお願いします。
フリーエリア
ランキング参加中、もう一つクリックで後押しお願いします。
リンク
プロフィール
日々是好日

tokoyo

Author:tokoyo
時には立ち止まって「?」、これでいいのかな?日々の?・!

※ブログに記載の写真・記事の転載はお断りします。

ブロとも一覧
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ