名古屋つれづれ・止

茶室中くぐり

路地の中くぐり・・を 入るころから心は鎮まり、世俗の穢れも(笑)す~と落ちるような

静寂の世界へと誘う。
茶室刀掛け
    写真は、いずれもTV画像からお借りしました。 表千家 不審庵

そして茶室に入るには、「平等」の精神で武士はこの「刀掛け」に刀を預けて入ります。

躙り口は狭い所から入ることで視覚効果

たとえ四畳半もくぐって入れば広さを感じる。

27・11・4お茶の会2



場面は一転(笑) ・・いたって普通な和室にワタクシの持っている

掛け軸は、円相

円は完全無欠(笑)、宇宙も悟りも、感じた己の心次第。

問いかけ・・・自分の心へ。

信長の弟、有楽斎は武士を捨てて茶人の道へ進みますが

他人はこの生き方を色々批判することもありますが、人の生き方は

他人が決める事ではなく、自分自身で決める事。


ワタクシ、右か左か迷いつつ今日まで来てしまいました。(笑)




・道という歩く人々踏みしめて

 出来た道路は高速道路・・・By婆




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング参加しています。
励みとなります クリックお願いします。
フリーエリア
ランキング参加中、もう一つクリックで後押しお願いします。
リンク
プロフィール
日々是好日

tokoyo

Author:tokoyo
時には立ち止まって「?」、これでいいのかな?日々の?・!

※ブログに記載の写真・記事の転載はお断りします。

ブロとも一覧
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ