名古屋つれづれ・進

名古屋大学応援隊

明け方、ラジオで聞いた最近の大学生は生活に追い詰められている感がある、と

東京の大学教授のお話。


たまたま昨日、名古屋大学へ行っていて応援団の練習風景を・・。

だんご三兄弟の長男J君、次男Y君も応援団で今年活躍し、旗手にも選ばれました。

 縁を感じて・・(笑)

名古屋大学応援隊2

ここ名古屋(愛知)の地元大学進学率・地元企業就職率全国一位。

ラジオの教授の話、学生が昔はアルバイトと言っても、遊びの部分で使うため

それが、今では生活費を稼ぐため必死で働いて、肝心の勉強の時間が削られ

真の友人を作ることや、議論を戦わせるといった社会への助走の部分がなく

カツカツの生活を強いられるのも、仕送りの減少で働かざるを得ない現状。


そんなことを考えると、名古屋の地元出身者は恵まれている反面

外の空気を知らなさ過ぎる・・とも。

それでも、ここ名古屋大学出身の近年のノーベル賞受賞者数はダントツで

自由闊達な気風が研究に没頭する自由さを兼ね備えるとも言われている。

自由でいられることは、外へ目を向ける自由さをも確保出来るという事。

生活という必要最低限の縛りがない分、思考も行動も自由を享受できる。

全国からすれば、魅力ない街とも言われるが、自己完結型の街

何でも整っているからこそ、自由に羽ばたく精神をプラスへと変換させて

21世紀もノーベル賞輩出を願う、20世紀、21世紀を股にかける(笑)婆の願い。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング参加しています。
励みとなります クリックお願いします。
フリーエリア
ランキング参加中、もう一つクリックで後押しお願いします。
リンク
プロフィール
日々是好日

tokoyo

Author:tokoyo
時には立ち止まって「?」、これでいいのかな?日々の?・!

※ブログに記載の写真・記事の転載はお断りします。

ブロとも一覧
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ