名古屋つれづれ・仮



婿殿の赴任に伴って家族でアメリカへ行って初めてのハロウィンは

昨日の蜘蛛続き、当時流行のスパイダーマンに扮し、写真を送ってもらい

アメリカでの生活に馴染み、楽しんでいる様子に安心したもの。

それでも

ハロウィンで思い出すことは、名古屋からアメリカへ留学していた高校生、服部君の悲劇。

「フリーズ」の声に無視して玄関に近づいてきたから、と悲惨な結果に・・。

仮装することで今でも世界中で被害・悲劇が起こるのもハロウィンパーティー

自分をさらけ出さないことで大胆にもなれる

そんな心理と、いたずらも仮面で他人になりすまし許されるといった

いたずら心と危うい悪戯。

アメリカに住んでいて分かったことは、ハロウィンの飾り付けが施してある家だけ

訪れても良いよ・・の印。

・その地に行けば、その地に溶け込む

クラスでたった一人の日本人で英語もほとんど理解できなかった子どもたちが

差別も感じることなく、受け入れてもらってすっかり仲良しのお友達もでき

先生と地域のボランティアグループにも参加した長男J君は

地元の新聞にも記載されるほどの溶け込み方。(笑)

たまたま良い環境に恵まれたとはいえ、運不運は人生について回る。


ハロウィンが日本で盛んに行われるようになったことに、複雑な心境のこの時期。

ハロウィンを楽しみたい時期も過ぎている、だんご三兄弟は中学生と小五。(?)

東京 渋谷では大人がハロウィンでは大変な人出になりそうで

何事もない事を願うばかり。

うっぷん晴らしも・・程々に。





・憂さ晴らし愉快になって楽しみを

 共有できることこそ祭り・・・By婆




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング参加しています。
励みとなります クリックお願いします。
フリーエリア
ランキング参加中、もう一つクリックで後押しお願いします。
リンク
プロフィール
日々是好日

tokoyo

Author:tokoyo
時には立ち止まって「?」、これでいいのかな?日々の?・!

※ブログに記載の写真・記事の転載はお断りします。

ブロとも一覧
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ