名古屋つれづれ・柔

伊勢湾台風
  ネットからお借りしました。

挙動不審(笑)な行動を起こす今回の台風10号

今後の動きでは東北地域への上陸もあるとか・・、お気を付けください。

台風と言うと何時も真っ先に思い出す名古屋に甚大な被害を及ぼした

昭和34年9月26日の伊勢湾台風。


被害が大きくなったことに、名古屋の中心部を流れる堀川  古地図 ↓

https://www.library.pref.gifu.lg.jp/school/jyugyo-map/16.pdf#search='%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B+%E5%A0%80%E5%B7%9D%E5%9C%B0%E5%9B%B3'

名古屋城築城にあたって開削された堀川は多く材木商が集まり

伊勢湾台風の時は、貯木場からの材木の流出で多くの家と人的被害を受けた。

以前古地図をブログに記載したように、名古屋も埋め立てられ海抜の低い土地。

今では堀川辺りも材木商、貯木場もなくなり、当時の面影も感じられない。


堀川今昔

時代は変わり、交通手段も船から車へと変化し

川に沿って・海沿いに出来上がった街並みも、上へ上へと移動する。

地球温暖化が進めば、益々高台へと移動することになるのか・・。

ワタクシ、早めの高台住居は先祖の教訓・DNAに組み込まれているのか・・。(笑)





・柔軟に変化するのも必要と

 頑固さ捨てて後世生きる・・・By婆






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング参加しています。
励みとなります クリックお願いします。
フリーエリア
ランキング参加中、もう一つクリックで後押しお願いします。
リンク
プロフィール
日々是好日

tokoyo

Author:tokoyo
時には立ち止まって「?」、これでいいのかな?日々の?・!

※ブログに記載の写真・記事の転載はお断りします。

ブロとも一覧
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ