名古屋つれづれ・眼

blog_import_4fc39065ab305.jpeg

blog_import_4fc390649efb0.jpeg

・美しいと思うことは、物の美しい姿を感じる心です。

 中略

知識がどんなにあっても、優しい感情を持つとは、物事をよく感ずる心を

持っている人ではありませんか。

神経質で、物事にすぐ感じても、いらいらしている人がある。

そんな人は、優しい心を持っていない場合が多いものです。

そんな人は、美しい物の姿を正しく感ずる心を持った人ではない。

ただ、びくびくしているだけなのです。

blog_import_4fc3906796718.jpeg

ですから、感ずるという事も学ばなければならないものなのです。

そして、立派な芸術というものは、正しく、豊かに感ずる事を、

人々に何時も教えているものなのです。 ・・小林秀雄


ルノワールとゴッホ

絵に対照的に向き合った二人の天才。

  かつてシカゴ美術館にて、

ビデオ・フラッシュ以外写真はOKというので撮ってきた写真の数々。

この時、以前ブログでも書いた、ピカソの最も印象に残った

「老いたるギター弾き」

それぞれの画家が、容易にだったり(?)苦悩しつつ描き後世に名を遺す。


しっかり受け止めたいが、果たしてその目は確かな眼で捉えているのだろうか。






・安直に走りがちな日加速する

 心静めて且坐喫茶・・By婆





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング参加しています。
励みとなります クリックお願いします。
フリーエリア
ランキング参加中、もう一つクリックで後押しお願いします。
リンク
プロフィール
日々是好日

tokoyo

Author:tokoyo
時には立ち止まって「?」、これでいいのかな?日々の?・!

※ブログに記載の写真・記事の転載はお断りします。

ブロとも一覧
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ