名古屋つれづれ・茶

茶壺

♪ズイズイズッコロバシ ごまみそズイ 茶壺におわれてトピンシャン

ぬけたらドンドコショ

「お茶壺道中」八十八夜に摘まれたお茶が江戸に着くのは土用の頃

さしずめ江戸時代なら、今頃は中山道中間あたりか・・。

戸をピシャンと閉めて、無事にお茶壺道中が通り過ぎるのを待つのみの庶民

この期間、通り過ぎるまでは田植さえ禁止されたという。

お茶の花

   お茶の花

茶壺から取り出されて、初めて飲むお茶

茶の湯では「口切の茶事」・11月がお正月で、その年に摘まれたお茶を味わう。

殿さまも11月まで待っていた・・か・。(笑)

ところが

最近、ペットボトルのお茶が主流で、急須そのものを使って新茶を、という

季節感もなくなりつつある。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング参加しています。
励みとなります クリックお願いします。
フリーエリア
ランキング参加中、もう一つクリックで後押しお願いします。
リンク
プロフィール
日々是好日

tokoyo

Author:tokoyo
時には立ち止まって「?」、これでいいのかな?日々の?・!

※ブログに記載の写真・記事の転載はお断りします。

ブロとも一覧
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ