名古屋つれづれ・慈

棗八つ橋

この時期だけの贅沢は、

唐衣 きつつなれし つましあれば

はるばるきぬる たびをしぞ思ふ・・・古今集 業平

か・き・つ・ば・た  ・有名な愛知県知立市で詠んだ歌に因んだ

八つ橋 蒔絵の棗

その時々の一瞬だけ味わう「はかなさ」と「再びの出会い」の心の贅沢。

八つ橋棗2

八つ橋棗

婆から孫たちへの言葉も、素直に聞いてくれる中三のJ君

我が家に来ていて、スマホなどゲーム(但し制限時間内)に熱中しているので

「たかだか4、5センチの狭い画面の中より、もっと広い社会・世界を見つめないと

 もったいないよ。」・・説教臭いことも、婆の言葉なら嫌な顔もせず聞いてくれていました。(笑)


今しか味わえない事

感じられない事

そんな「いっとき」を感じる心を大切にしていってほしい、と老婆心。(笑)


ぎっくり腰後、正座もままならず、(これも年とともに無理になる)お借りしていた茶室から

茶道具を自宅へ運び込むのを婿殿、娘や孫たちに手伝ってもらった昨日

少しずつお好みの物や季節の物を買いためていたガラクタ同然の物も含め

年月に伴って随分な量になっていました。


三男R君は、茶の湯の雰囲気(笑)が大好きなので、今後は家で気儘に

日本の四季を味わっていこうと・・、同意を得ず感じた次第。






・はかなさも明日は分からず今だけと

 思う気持ちが時慈しむ・・・By婆






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング参加しています。
励みとなります クリックお願いします。
フリーエリア
ランキング参加中、もう一つクリックで後押しお願いします。
リンク
プロフィール
日々是好日

tokoyo

Author:tokoyo
時には立ち止まって「?」、これでいいのかな?日々の?・!

※ブログに記載の写真・記事の転載はお断りします。

ブロとも一覧
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ