名古屋つれづれ・心

若冲鶏拡大

一度見たら忘れないインパクトある伊藤若冲の絵

鮮やかでダイナミック

若冲菊   若冲花鳥

若冲朝顔

現在、東京都美術館で開催中の若冲展、生誕300年

1000年後に理解されるだろうという謎の言葉を残し

印象派の画家より一世紀も前に確立させていた画法。

朝顔にも、病葉を添えて描くと言う当時のタブーも破り

若冲襖絵

非公開の京都 海宝寺の襖絵は若冲晩年の作

その裏側には、枯れた蓮と蕾を持った咲きかけの蓮の花

・輪廻転生 ・・そんな仏教と人生と言う一時のはかなさとつながり

1000年経なくとも、人の営みと絵の奥深さを感じられる若冲の襖絵のあるところは

「筆投げの間」とも言われている。

若冲裏襖絵


ワタクシの守り木でもある梅の花

若冲梅


人は、言葉より書や絵によってこそ「人間の心」を知り、感動を得られるものだと思う。





・惑わせる甘言巷あふれても

 真実語るものは一つと・・・By婆




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング参加しています。
励みとなります クリックお願いします。
フリーエリア
ランキング参加中、もう一つクリックで後押しお願いします。
リンク
プロフィール
日々是好日

tokoyo

Author:tokoyo
時には立ち止まって「?」、これでいいのかな?日々の?・!

※ブログに記載の写真・記事の転載はお断りします。

ブロとも一覧
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ