名古屋つれづれ・秋

♪カラスと い~~~しょに帰りましょ~~~

襟元を合わせたくなる秋の夕暮れ、ふと浮かぶ童謡は、心を動揺させる。(笑) ↓

「夕焼けこやけ」 ユーチュブ

ユーチューブで検索したら、何とあの渥美清さんの歌声

幼いころ、故郷で眺めた山々の夕景色を思い出し、感傷的になる秋。


昨日、もう一つの三婆会のメンバーYさんから電話で、Eさんがお誕生日月ということもあって

東京在住のご子息達と旅行に出かけられるとかで延期の連絡。

お二人のご子息家族とも東京在住ですが、Eさんの夫君が亡くなられてからは

頻繁に名古屋に来られて、一緒に一泊旅行やドライブなど楽しんでいらっしゃる。

以前のブログに書いたように、老後(最も現在もですが・・)東京へのお引越しも

多分、ご本人もご子息も考慮されている模様。

それでも自立心の強いEさん、「あまり頼ることはしたくないのよ。」とおっしゃる。

つい長電話になったYさんとの話でも、この年になると会話は老後や子どもたちとの関係。

団塊の世代や、少し前の世代のワタクシの友人たち

それまでの年を取ったら子どもたちの厄介になる、という意識は薄く

いずれ厄介になるにしても、最後の踏ん張れるところまでは踏ん張る、という自立心。


電話のYさんは、海外放浪癖(?)の人

「今年、まだ出掛ける予定あるの・?」の問いに

「今年はもう二回出掛けたから行かないわ」

・わが道を行く

そんな気持ちの良いほどの自分が一番、と言い切れる人。

それというのも、癌の宣告を受け、手術しやっと今年5年を無事迎えたということもあって

自分の人生を楽しむ、という信念に(?)徹する。


10月は婆の定例会二つとも延べ送りとなったが、友人たちのそれぞれの生き方に

触発されつつ人生の秋の夕暮れを送る日々。




・鐘が鳴るサイフもカネは鳴るけれど

手を切る紙は数えるほどに・・・By婆




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング参加しています。
励みとなります クリックお願いします。
フリーエリア
ランキング参加中、もう一つクリックで後押しお願いします。
リンク
プロフィール
日々是好日

tokoyo

Author:tokoyo
時には立ち止まって「?」、これでいいのかな?日々の?・!

※ブログに記載の写真・記事の転載はお断りします。

ブロとも一覧
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ