名古屋つれづれ・術

「退屈した平和な時代は、ある意味では爛熟した芸術を生むけれども

 その爛熟した芸術は、その生に不安に耐えられない魂を十分に魅惑することが出来ない

     ・・三島由紀夫



・石の上の雪まづ解けて水になり

     窪みに春の空をうつせり・・早川幾忠



・いわばしる垂水の上のさわらびの

     萌え出づる春になりにけるかも・・志貴皇子

  (春を感じる時期になると思いだす歌)


早川幾忠氏は自ら「よろず屋」をもって任じられている

 先日のブログにも書いた

・ああさうかここにあったかなど言ひて

      また埒もなし老いといふものは・・早川幾忠

飾ろうと技巧が先走り、常に人の目を気にするあまり媚びる

そして何々家など、もったいぶって専門家らしく振る舞うことの多い昨今。

技巧も過ぎると鼻白む。



♪ありの~~~ままの~~~(笑)










 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング参加しています。
励みとなります クリックお願いします。
フリーエリア
ランキング参加中、もう一つクリックで後押しお願いします。
リンク
プロフィール
日々是好日

tokoyo

Author:tokoyo
時には立ち止まって「?」、これでいいのかな?日々の?・!

※ブログに記載の写真・記事の転載はお断りします。

ブロとも一覧
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ