名古屋つれづれ・率

織部 茶碗5
織部 茶碗4
織部 茶碗6  織部 茶碗7

茶の湯 

村田珠光ー 武野紹鴎ー 利休ー 古田織部

利休には多くの弟子がいたが、織部は最も利休の茶を理解し

独自の美意識で、茶碗などを焼かせいまだに陶器に名前で残るのは織部だけ

大胆な意匠は当時の茶人たちを、あっと驚かせたと想像する。


まるで

ピカソの絵画のよう


・ならいのなきを極意とする

ならいをなれるように、そればかりをやることが多いからか(堅苦しさばかり目立つ)


最近は長くかかるものなどにこらえ性が無くなってきたのか

茶の湯も興味を持つ若い人が減少

手っ取り早く、即成果は趣味の世界も政治も経済も一緒くた・?


一昔前はパトロンが文化・芸術を支えたが

パトロンになるような太っ腹な御仁も少なくなってきた。

効率という経済だけが闊歩する。










関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング参加しています。
励みとなります クリックお願いします。
フリーエリア
ランキング参加中、もう一つクリックで後押しお願いします。
リンク
プロフィール
日々是好日

tokoyo

Author:tokoyo
時には立ち止まって「?」、これでいいのかな?日々の?・!

※ブログに記載の写真・記事の転載はお断りします。

ブロとも一覧
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ