名古屋つれづれ・幸

「今がとっても幸せ」そんな言葉で始まった、とある高齢の女性のお話

19歳でお嫁入り、「お百姓はしなくていいから」という話を信じて

嫁いだ先は、舅、姑、小姑もいる大家族

結婚してから体重が10キロ以上落ち、何度も実家へ帰ろうかと思うこと度々

そして当時生け花用の花材の出荷のため、当初はバイクで後はミゼットで

 (懐かしい三輪車、義兄も乗っていたハンドル型自動車)

大須の市場慣れない車の運転で通ったと言う。

今思うと怖い事・とも

その後、ご主人が鉄工所を始め、高度成長期真っ只中

会社はあれよあれよという間に成長し株式会社は親族で固め

長者番付にも載ったと言う頃は、お着物大好きだったので

沢山のお着物を買い込み、おしゃれを楽しんだ。


そのご主人も78歳、病で一週間自宅で寝込んで帰らぬ人となったが

最後に「お前と結婚して良かった、幸せだった」の言葉を残されたと言う。

そんな女の一生をお聞きし

「今が幸せと言える老後って一番幸せな事ですよ。

 終わりよければすべてよし、と言いますから・」

その当時は若くて世間を何も知らないからやってこられた・とも

なまじ、知りすぎていると「青い鳥」は遠くに存在する、と考えてしまう。(笑)


若い時どんな苦労の連続でも、年をとって生産能力も落ち、すべてのものが削がれた時

「今が幸せ」を感じられる事が本物の幸せ。


それまでの生きてきた過程があってのこと。

「こうやって老後楽しい時間を持てることが幸せ」


そんなお話をお聞きしているワタクシも幸せ。

人生を決めるのは自分の心がけ次第

そしてどんな状況にしろ決断するのは自分自身の判断。

他人のせいにしたり、感謝の気持ちも持てないのは悲しいもの。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング参加しています。
励みとなります クリックお願いします。
フリーエリア
ランキング参加中、もう一つクリックで後押しお願いします。
リンク
プロフィール
日々是好日

tokoyo

Author:tokoyo
時には立ち止まって「?」、これでいいのかな?日々の?・!

※ブログに記載の写真・記事の転載はお断りします。

ブロとも一覧
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ