名古屋つれづれ・帰

今日、3月4日は、お雛様の次の日(笑)

喜劇王 チャールズ・チャップリンがようやく英国からサーの称号を与えられた日

1975年の今日

その二年後に亡くなった。  ↓ チャップリンのユーチュブ

チャップリン

チャップリンは喜劇王というより悲喜劇王

喜劇も単なるバカ笑いというより、本物の人、人間であることの

本質を見極める悲劇と喜劇の相反する現実。


機械化が人間を駄目にする、とも言い

サーの称号を与えられるのも、アメリカを気遣って遅れた。

今の機械じゃないと一日も過ごせない世界を見てチャップリンはどう思うか・

若者は一日中スマホをいじり、読書を全くしないという。

今は、極端から極端への時代・?


病院図書ボランティアに行っていると、読書する人は定期的に通ってきて

その都度、二三冊借り出して行く。

推理ものが好きな人、歴史物が好きな人など

系統立てた読書の傾向。


チャップリンの映画(断片的)で印象的なのは、歯車に挟み込まれていくチャップリン

ベルトを締め続ける単純な流れ作業に人間性を失われ

歯車が回り終えても締める作業を無意識に続けるチャップリン。


これでいいのか?


今という時代への問いかけとして、再びチャップリンが言おうとしていた

人間性への回帰


考えて見たいと思います。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング参加しています。
励みとなります クリックお願いします。
フリーエリア
ランキング参加中、もう一つクリックで後押しお願いします。
リンク
プロフィール
日々是好日

tokoyo

Author:tokoyo
時には立ち止まって「?」、これでいいのかな?日々の?・!

※ブログに記載の写真・記事の転載はお断りします。

ブロとも一覧
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ