名古屋つれづれ・貯

「奥の細道」芭蕉は元禄二年3月から8月まで奥州から北陸の道中記

芭蕉カルタ2

・物書きて扇引きさく余波(なごり)哉・・芭蕉

いらなくなったガラクタさえ、何時か役に立つかと貯め込む

名残惜しい・ 決別出来ない気分をついつい後伸ばしにする


・蛤のふたみにわかれ行く秋ぞ・・芭蕉

奥の細道最後の句



物を捨て、囚われないこと

心を自由に遊ばせる


出来そうでなかなか出来ない凡人。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング参加しています。
励みとなります クリックお願いします。
フリーエリア
ランキング参加中、もう一つクリックで後押しお願いします。
リンク
プロフィール
日々是好日

tokoyo

Author:tokoyo
時には立ち止まって「?」、これでいいのかな?日々の?・!

※ブログに記載の写真・記事の転載はお断りします。

ブロとも一覧
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ