名古屋つれづれ・別

揚輝荘2
南園の聴松閣は今年8月から一般公開

さようなら サヨウナラ Kさん

揚輝荘3
揚輝荘4
紅葉にはまだちょっと早い覚王山 揚輝荘

何時ものように「Kさんは今日来ていらっしゃいますか?」と尋ねると

受付の揚輝荘の会の男性「実は13日に亡くなったんですよ」

「えっ」次の言葉がなかなか出ませんでした。

どうして・どうして あんなにお元気にしていらっしゃったのに・

Kさんとは揚輝荘の会立ち上げの時ですから14、5年になります

年賀状のやりとりの他は、揚輝荘を訪れた時などたまににしかお会いすることはなかったのですが

松坂屋の歴史についてはこの方をおいてほかにない、というくらい

松坂屋が伊藤呉服店誕生時から続く代々のお家で、時には東京まで出かけ

熱心に資料など調べていらっしゃった。

揚輝荘
南園のお庭にある伊藤の(松坂屋)トレードマーク

11月に入ってから入院されていて、御病気の事なども誰にも言わないで・と

会の皆さんにもお亡くなりになるまで知らせなかったようです。

まだ72歳というお年。

残念でなりません。 大変ショックを受けました。


どうぞ安らかにお眠りください。

親しい人、近しい人が一人また一人と・ たまらなく悲しいことです。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング参加しています。
励みとなります クリックお願いします。
フリーエリア
ランキング参加中、もう一つクリックで後押しお願いします。
リンク
プロフィール
日々是好日

tokoyo

Author:tokoyo
時には立ち止まって「?」、これでいいのかな?日々の?・!

※ブログに記載の写真・記事の転載はお断りします。

ブロとも一覧
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ