名古屋つれづれ・平

平等院2

修学旅行で行ったきり、そんな宇治 平等院の見事なまでの全景

極楽浄土へ旅立つ日も間近(笑)、あの世がこれほどまでに見事なら

行っても良いか(笑) ・とさえ今の時代に生きるワタクシ

おおよそ千年の昔の人々ならば、びっくり仰天 夢の世界と思ったはず。(笑)

・夢か現か幻か

今でいうならバーチャルの世界のような・(笑)

平等院
 側面から
平等院 初代鳳凰

初代鳳凰
平等院 初代鳳凰2

庶民の日常生活で活用(笑)十円硬貨の平等院

平等院 十円硬貨

夢から日常へ戻れば ・・こんなもの・(笑)


現実の平等院へ、極楽浄土へ行く前に行ってみたいと

 感化されやすい婆でした。(笑)


スポンサーサイト

名古屋つれづれ・思

ニーチェの言葉

春のこの時期の特徴なのか、気付かなかったのか、本屋さんに多く並ぶ人生訓

普遍の言葉の数々に、なるほど!・ と思うことは多く

何時の時代も変わらない人の「生きざま」云々。(笑)

ニーチェの言葉

雑踏の中に行け・人の輪の中に行け ・は実行あるのみ

ニーチェの言葉2

ところが、そっくりそのまま繰り返す生き方をしているか・?

そんな人って、何パーセントかは良しとしても、そっくりとなると

果たして数パーセントいるかいないか・だと自分に照らしてみるが・


そんな「もやっ」とするより、紅白ハッキリ(笑)

公園に次に咲き出しているサワフタギのふんわりとした白

サワフタギ

此方

♪真っ赤にもえる~~~太陽だ~から~~

太陽のような情熱の真っ赤か!の自宅のツツジ

自宅のツツジ

情熱は長持ちしない(笑)・ すでに一部色褪せかかっている。

ハッキリも中々疲れるもの・  体力勝負。(笑)


残された時間位、くりかえしても良いと思う生き方を・ しようと・  思う だけ



名古屋つれづれ・借

銀閣寺3

義政 京に背を向けて拗ねて隠棲(?・笑)し、今日のわび・さび文化を創り出した銀閣寺

同じように拗ねてみても何も生まれない凡人。(笑)

内部からの庭園風景は、TVならでは・・一般には開放されていない場所から

銀閣寺
銀閣寺2

東求堂 同仁斎(人は皆平等・の精神)で四畳半という心地よい?富裕人が作った初の空間

昭和の時代の若者には、下宿生活の貧しい思い出。(笑)

銀閣寺4四畳半

銀閣寺5四畳半

書院棚には文具類等を飾り、知識人(笑)を意識

銀閣寺6四畳半

♪窓を開ければ~~~

港は見えないが、広がる庭園のつながりを演出 (掛け軸始まり)


日本の家は、昭和の頃までは自然とのつながりを意識して作られてきた

その典型が縁側 (庶民も・・(笑)) 通りがかりのご近所さんも

・千客万来

そして障子を開ければ自分の庭は狭くとも、借景という宇宙の取り込み

外敵から守るのが家という概念は日本の家にはなかった解放感は

海に囲まれた国の安心感・?

最近の家は、守ることが前提(笑) 物騒な世の中です。

我が家も昭和の生まれなのに、守る意識から(笑)、折角の借景の窓

やや狭くしたことが今も心残り。(笑)

 ・宝くじが当たったら借景を取り込む大きな窓にリフォームするぞっ!!




・借景は借りれるものは全部借り

 管理費いらず金も使わず・・・By婆




ブログランキング参加しています。
励みとなります クリックお願いします。
フリーエリア
ランキング参加中、もう一つクリックで後押しお願いします。
リンク
プロフィール
日々是好日

tokoyo

Author:tokoyo
時には立ち止まって「?」、これでいいのかな?日々の?・!

※ブログに記載の写真・記事の転載はお断りします。

ブロとも一覧
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ