名古屋つれづれ・世

城山八幡宮への道

先日の千種 町歩きの続き 城山八幡宮へ向かう道

城山八幡宮2   城山八幡宮
城山八幡宮

台龍寺禅寺台龍寺(禅寺)  末森城跡末森城跡碑

末森城は、織田信長の父、信秀築城

個々で出掛けたことはあっても、裏道から辿ることは初めてで

静かな道を歩いていると尚更往時が偲ばれるが

信長に「・・夢もまた夢」などと詠む時間もないあっけなさ

そんな偲ぶ余韻を引きずっていた(笑)昨日

東京のシニアハウスに移られたEさんから届いた嬉しい荷物と便り

Eさんからの贈り物   

最近、白内障の手術をされたとか・・

・いずこも同じ秋の夕暮れ

ワタクシも老眼鏡買い換えた方が良いのかと思っていたが、もしや・

そんなあちこちに弊害(笑)漂う老体。




・夕暮れは一段と沁む心象に

 常世見渡す宇宙の果てへ・・・By婆



名古屋つれづれ・歳

オアシススケートリンク

大学の帰り立ち寄った栄 オアシスは、クリスマス飾りとスケートリンクの準備中

何か急に年の瀬を感じて、寒さも身に応える(笑)・・のもそのはず

名古屋今冬初めて最低気温になった。


講義終えた後、教授にちょっとお聞きしたいことがあったのでお話していたら

もう一人加わってしばし講義延長。(笑)

加わったのが若者じゃなかったことが残念?


都市論を考える

町づくりに積極的に地元住民と大学教授達も加わって、今後を一緒に考えよう・という

催しが23日先日出かけた相応寺で行われる。

城山 街の魅力

千種区のまちづくりのこの催し、SPレコード・蓄音機コンサートなど

旬の(笑)イベントで、定年後の塊となって定年後の団塊世代の心をキャッチ。(笑)

昭和よ再びとは思わないが、高齢者が輝くのも

若者たちへの将来展望を示唆。?(笑)


高齢者何時までも先生(さきに生まれる)であり続ける。



名古屋つれづれ・登

相応寺

覚王山辺りの街歩 ここは相応寺

相応寺お亀の方碑

藩祖 義直が建てた、母お亀の方追悼のため

因みにお亀の方の実父は京都岩清水八幡宮の神職

相応寺義直直筆扁額

この扁額は義直直筆と言われています。


↓は、昭和塾堂

青年養成のため昭和3年に建てられた「人」の字型の建物

現在老朽化で傷みも激しくて使用されていませんが、残したいという地元民の要請もあって

検討中?

昭和塾堂2

昭和塾堂
昭和塾堂北側

末森城跡から東山を見る

この辺りは、かなりの高台になっていて

東山植物園のスカイタワーまで一望に見渡せます。

順序はかなり逆になりますが、この後も続きます。


一本中に入ると閑静な高級住宅地となっているのですが、道も車一台がやっとという

そんな静かな住宅街を散策。


ブログランキング参加しています。
励みとなります クリックお願いします。
フリーエリア
ランキング参加中、もう一つクリックで後押しお願いします。
リンク
プロフィール
日々是好日

tokoyo

Author:tokoyo
時には立ち止まって「?」、これでいいのかな?日々の?・!

※ブログに記載の写真・記事の転載はお断りします。

ブロとも一覧
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ